記事リスト

社労士という専門家

勉学

労働や社会保険等の専門家

ビジネスにかかわる強い資格の1つに、社労士があります。社労士とは社会保険労務士の略で、労務管理、社会保険、年金などを扱うビジネスの専門家です。社会人としてビジネスにかかわるようになっていても、事務作業にかかわったことがない人は意外と社会保険、労働保険のことをよく知らないことがあります。形として理解していても、手続きを行うことになれば、どのように手続きを行えば良いのかわからない人はたくさんいるものです。その手続きの代理を行うのも、社労士の仕事の1つとなります。そしてビジネスに携わるのであれば、何かとトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。残業に関することや最近ではよくブラック企業という言葉が広がっているその内容など、動労基準を違反しているものに対しての相談など受けるのも、社労士の仕事になります。ほかにも年金に関する相談事や就業規則や雇用契約書などの作成や改定などもあります。受験資格は大学を卒業していることで、経済学部を専攻していなくても社労士の試験を受けることはできます。中卒の人や高卒の人には残念ながら受験資格はありませんが、もし行政書士の資格を保有していれば大卒でなくても社労士の受験資格を得ることができます。行政書士には受験資格がなく、中卒でも高卒でも、未成年でも、だれでも受けることができるので、大学を卒業しておらずに社労士の資格取得を目指そうとするのであれば、行政書士の資格取得から目指すのが良いかもしれません。

Copyright© 2018 行政書士解答速報の活用方法【早く解答を知りたいという場合に最適】 All Rights Reserved.