記事リスト

独学で目指す方の情報源

勉強道具

上手く活用したい情報

法律資格と言えば弁護士や司法書士をイメージされますが、行政書士もこれら同様に法律資格です。官公署への申請代理や遺言作成など法律に関わる仕事を行えます。国家資格であり、国家試験に合格する必要があります。試験では憲法や民法といった法律科目と、政治や情報などの一般知識を問う問題が出題されます。共に基準ラインの点数が設けられており、苦手な分野を作らない事も合格には必要な学習方法と言えます。行政書士の学習方法は独学・予備校・通信教育の3つになります。行政書士はメジャー資格なので多くの出版社から参考書が販売されています。実際に独学で目指す方も多く、合格者もいます。試験の難易度は高く、毎年10%未満なので1年で取得できる方の方が少ない事になります。2〜3年かけて合格するという方も多く、相応の学習期間を覚悟する必要はあります。合格をより近付ける方法として独学者の場合は情報が鍵になります。その情報が解答速報です。解答速報は試験当日の夜に、各予備校からWEBで試験の解答を講師が解いて公表してくれます。解答速報は最新の過去問題であり、解答付きなので独学者にとって行政書士試験に対応している機関選びの基準にもなる情報です。解答速報は各予備校が出しており、それぞれ修正もあるので1つだけに絞らず複数確認しておく必要があります。また、当日だけでなく後日修正される事も多いので定期的に更新しているかを確認しておくと、自身の合否確認をより精度を高める事ができます。

Copyright© 2018 行政書士解答速報の活用方法【早く解答を知りたいという場合に最適】 All Rights Reserved.