記事リスト

資格取得に必要な費用

保育園

養成機関毎に異なる

保育士の養成機関は大きく分けて3つあり、大学・短大・専門学校になります。それぞれ卒業する事で保育士資格を取得できますが、学校の費用も養成機関によって違います。短大と専門学校は基本的に2年制に対して、大学は4年制です。単純に年数によって学費も高くなるので、この3つの中では大学が1番費用が必要です。大学が仮に2年制であっても学費は大学が高く、次いで短大・専門学校の順になります。大学では他の学校よりも2年多いだけでなく、単位取得の為に保育士以外の勉強も必要になります。それは様々な事を学ぶ機会を得る事になり、将来保育士以外の選択肢も多くなる事を意味します。保育士に絶対になりたい方は短大や専門学校が向いており、迷っていたり子供に関する仕事をしたいと考えている場合は大学という選択が適していると言われています。専門学校は養成機関の中で1番費用を抑える事ができます。保育士に特化しており実習も多いのですが、保育園の協力もあり実習先に困る事はありません。短大は大学と専門学校の中間程の費用になります。短大でも大学でもそれぞれの区分で費用は統一されているわけではありません。学校毎に費用の差はありますが、平均で大学では年間120万円程です。短大は年間100万円程で専門学校では年間85万円が相場になっています。それぞれ費用は異なりますが、同じ保育士の資格を得られますし就職に影響はありません。保育士以外の資格や勉強する機会に違いがあります。

Copyright© 2018 行政書士解答速報の活用方法【早く解答を知りたいという場合に最適】 All Rights Reserved.