記事リスト

養成機関のそれぞれの違い

男性

目指す将来によって違う

保育士は国家資格であり、必ず国家試験に合格しないとなれません。受験資格は2年以上の短大や専門学校卒業が要件であり、保育に関する課程を経ていなくても受験可能です。しかし試験の難易度から、目指す大半の方が養成機関を活用しています。保育士国家試験では筆記試験以外にピアノや絵本の読み聞かせと言った実技試験もあります。この実技試験が非常に難易度が高く、ピアノができるだけでは通らない程に専門的な知識や技術、そして試験対策が必要です。対して保育士養成機関である短大や大学、専門学校は卒業する事で試験を受ける必要なく資格を取得できます。大学は4年制であり、保育に関する事以外に様々な事が学べます。保育士を資格を取得する為に選んでも、大学の目的は学士を取得する事が主なので一般教養も学ぶ必要があります。幼稚園教諭や臨床心理士など、子供に関する仕事の選択肢は増える特徴があります。保育士になりたいと希望する場合は、その仕事に特化している短大や専門学校が選ばれています。特に専門学校では保育士になる為に集中したカリキュラムであり、卒業後には現場で即戦力になれる程の技術や知識を得る事ができます。実習が非常に多く、現場経験を学生の内から得る事ができるので、就職先からの信頼も厚い事から就職率も高いです。短大も専門学校と似ていますが、学校により実技に特化していたり他資格取得ができたりと特色は変わります。どの学校でも保育士資格を取得できますが、選ぶ際は卒業後にどの様になりたいかで変わってきます。

Copyright© 2018 行政書士解答速報の活用方法【早く解答を知りたいという場合に最適】 All Rights Reserved.